まつ育の基礎知識

まつ育に欠かせない栄養素ビオチンの効果と副作用まとめ

投稿日:

まつ育に欠かせない栄養素ビオチンの効果と副作用まとめ

まつ育する上で、サプリや美容液などについて調べているとよく目にする「ビオチン」というワード。
髪の健康について良いのはなんとなく理解できるけど、実際にどういった効果があるのか!?本当に必要なの?っと疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

一方で、このビオチンは欠乏すると白髪、脱毛、湿疹や炎症など皮膚症状など様々な症状を引き起こす最低限摂取が必要な栄養素。

しかも、生活習慣が乱れたりするとすぐに不足しがちなので注意が必要です。

ここでは、まつ育をしていく上で不足させてはいけないビオチンについて効果や副作用、摂取量や方法までまとめてご紹介していきます。

ビオチンの凄い!育毛効果

ビオチンは髪の毛に必要なアミノ酸の代謝やコラーゲン生成に大きく関わりがあります。

ビオチンは髪の毛の材料であるアミノ酸の確保の役割を果たしているので、皮膚や髪の健康に欠かせないビタミンであるといえます。

またコラーゲンは髪の毛のツヤツヤ感や、太さのもとになっているので、 コラーゲンが不足すると丈夫な髪が育ちにくくなり、髪が弱々しくなります。

ビオチンでコラーゲンの生成を補ってあげることでまつ毛のみならず、様々な育毛効果(若白髪対策)が期待できます。

そもそもビオチンって何!?

ビオチンは別名ビタミンB7、ビタミンH、コエンザイムRと呼ばれ、水溶性ビタミンの一種です。
皮膚炎を起こす原因になるヒスタミンを抑制したり、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け、 皮膚や粘膜の健康を維持してくれるビタミンです。

また、爪や髪の主成分であるケラチンの合成に必要なコラーゲンの生成も促進します。

皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、肌のターンオーバーを正常化するなど、 皮膚科でも処方される安全性の高いビタミンです。

欠乏すると以下の症状が表れます。

ビオチン不足の症状例

  • 白髪
  • 脱毛
  • 湿疹や炎症など皮膚症状
  • 結膜炎
  • 筋肉痛
  • 疲労感
  • 食欲不振

こういった症状を予防するためにも積極的に摂りたいものです。

ビオチンは若白髪にも効果あり

ビオチンには白髪に関係している色素細胞の活性化を促す(こメラニン色素生成を含めた『正常なヘアサイクル』を得るための栄養を補給すること)作用があります。

加齢にプラスしてビオチンが不足すると白髪が増えることもわかっており、若々しい色艶のある黒髪をキープにるには欠かせないもの。

白髪用サプリメントなんかにもビオチンは欠かせない栄養素として含有されています。

妊婦は注意!ビオチンの副作用

厚生労働省のHPでも「ビオチンを多量に摂取しても、速やかに尿中に排泄されるので、一般的には過剰症はみられません 」と記載されています 。

しかし、妊娠中に多量のビオチンを投与すると、哺乳動物では胎仔の吸収 (妊娠初期の胚死亡) や胎盤、卵巣の委縮がおこるとの報告もあるのでやはり、妊娠中は注意が必要です。

ビオチンの摂取は食品!?適切な摂取量は!?

厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準によりますと、男女共50.0㎍(マイクログラム=0.000001g)摂取するのが適当だとされています。

一方で成人が通常の食事から摂取しているビオチンは一日平均45.1㎍なので一見するとあまり意識せずとも必要なビオチンは足りていると言えるでしょう。

しかし、ビオチンの吸収効率は食品によって大きく異なり、小麦などはビオチンを含む食物ですが、実際には体内にほとんど吸収されないものもあるので注意が必要です。

また、生の卵白に含まれるアビジンにはビオチンの吸収を阻害する働きがあるので、生卵の食べ過ぎにも気を付けたいところです。

さらにアルコールの摂取量が多かったり、喫煙量が多かったりするとビオチン不足になることがあるのでお酒好きと愛煙家の方は注意が必要です。

抗生物質を飲んでいたり、食生活が偏っていたり、便秘だったりと腸内の環境が良くない場合もビオチン不足になりがちです。

ぱっちりウィンクには1日に必要な摂取量の10倍相当の含有量があるので、しっかりと継続することでビオチン不足になるということは考えにくいといえます。

ビオチンを豊富に含む食品

ビオチンを多く含む代表的な食品を以下に紹介します。

ビオチンを多く含む食品

  • まがれい→23.9㎍
  • かつお節→14.9㎍
  • バターピーナッツ→95.6㎍
  • カシューナッツ→19.0㎍
  • 卵黄→65.0㎍
  • 鶏レバー→232.4㎍
  • 牛レバー→76.1㎍
  • 糸引き納豆→18.2㎍
  • 大豆(ゆで)→11.1㎍
(日本食品標準成分表2010より 単位 100g当たり) ㎍(マイクログラム)=0.000001g

ビオチンを意識的に摂取したいとお考えの方はぜひ参考にしてください。
体外に排出されやすいビタミンなの定期的な摂取が大切です。

まとめ

ビオチンはまつ毛のみならず、様々な髪やお肌の健康状態に関わっている重要な栄養素ということが理解していただけたと思います。

また、厚生労働省も発表しているように私達の普段の食生活の中でも必要量のビオチンは摂取できおり、腸内でも作られているので基本的に不足してしまうことはありません。。

しかし、生卵白を大量に摂取していると欠乏することがあります。
卵白に含まれるアビジンというたんぱく質がビオチンの腸内での吸収を阻害してしまうのです。
ただしアビジンは火を通すことで、形が変化してビオチンとの結合性が薄れてしまうため、加熱調理することでビオチンへの影響を抑えることができます。
(ビオチンを摂取したいときにはできるだけ生卵を控えた方がいいのですね)

またビオチンは食品によって利用効率がまったく異なります。
例えば小麦はビオチンを含んでいますが、体内でほとんど利用されないことがわかっています。

さらにビオチン不足になりがちな方の例を挙げたいと思います。

ビオチンが不足しやすい方

  • アルコールの摂取量が多い方
  • 喫煙量が多い方
  • 抗生物質を飲んでいる方
  • 食生活が偏っている方
  • 便秘の方
  • 腸内環境が良くない方

このように思い当たる方はもちろん、健全なまつ毛を育成するためにもサプリなどを活用して必要最低限のビオチンを意識的に摂取するよう心がけましょう。

-まつ育の基礎知識
-, , ,

Copyright© 【効果なし!?】ぱっちりウィンクを試したマジな口コミをぶっちゃけ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.